フジ園芸 カトレヤ類 属名について

カトレヤ類 属名について

カトレヤ類原種の属名移行により、RHSが管理するサンダーズリストに登録されている品種の属名が一部変更となります。弊社では、基本的にサンダーズリストの品種表記を行っていますので、順次新しい属名表記に移行していきます。以下に、カトレヤ類の属名について一部(旧属名を含む)を表にまとめます。

<原種 属名> ※一部のみ抜粋
Brassavola B. ブラサボラ
Broughtonia Bro. ブロウトニア
Cattleya C. カトレヤ
Caularthron Cau. コーラルスロン
Epidendrum Epi. エピデンドラム
Guarianthe Gur. グアリアンセ
Laelia L. レリア
Prosthechea Psh. プロステケア
Rhyncholaelia Rl. リンコレリア
Sophronitis S. ソフロニティス
※S.は全てC.に移行

<属間交配種 属名> ※一部のみ抜粋
Ankersmitara Akr. アンカースミッタラ C. x L. x Rl. x S.
Baraniara Bnr. バラニアラ B. x C. x Gur. x Rl. x S.
Bishopara Bish. ビショパラ Bro. x C. x S.
Brassanthe Bsn. ブラサンセ B. x Gur.
Brassocatanthe Bct. ブラソカタンセ B. x C. x Gur.
Brassocattleya Bc. ブラソカトレヤ B. x C.
Brassolaelia Bl. ブラソレリア B. x L.
Brassolaeliocattleya Blc. ブラソレリオカトレヤ B. x C. x L.
Brassophranthe Bsp. ブラソフランセ B. x Gur. x S.
Brassosophronitis Bnts. ブラソソフロニチス B. x S.
Cattleychea Ctyh. カトレシア C. x Psh.
Cattleytonia Ctna. カトレトニア Bro. x C.
Cattlianthe Ctt. カトリアンセ C. x Gur.
Caulaelia Cll. コーレリア Cau. x L.
Davidsonara Dvd. デビッドソナラ B. x C. x L. x Psh.
Guaricattonia Gct. グアリカトニア Bro. x C. x Gur.
Guarilaelivola Glv. グアリレリボラ B. x Gur. x L.
Guarisophleya Gsl. グアリソフレヤ C. x Gur. x S.
Guarisophlia Gsp. グアリソフィリア Gur. x L. x S.
Guaritonia Grt. グアリトニア Bro. x Gur.
Hawkinsara Hknsa. ホーキンサラ Bro. x C. x L. x S.
Iwanagara Iwan. イワナガラ B. x C. x Cau. x L.
Jackfowlieara Jkf. ジャックフォーリアラ C. x Cau. x Gur. x L. x Rl.
Laelianthe Lnt. レリアンセ Gur. x L.
Laeliocatanthe Lcn. レリオカタンセ C. x Gur. x L.
Laeliocatarthron Lcr. レリオカタスロン C. x Cau. x L.
Laeliocattleya Lc. レリオカトレヤ L. x C.
Laelirhynchos Lrn. レリリンコス L. x Rl.
Lawrenceara Lwn. ローレンセアラ C. x Gur. x L. x S.
Leonara Len. レオナーラ C. x Cau. x Gur. x L. x Rl. x S.
Marriottara Mrr. マリオッタラ B. x C. x Rl. x S.
Measuresara Msu. メジャーサラ C. x Psh. x Rl. x S.
Paynterara Pay. ペインタラ B. x C. x Gur. x L. x S.
Peetersara Pee. ピーターサラ Bro. x C. x Rl. x S.
Pittara Pi. ピッタラ C. x Gur. x L. x Rl. x S.
Potinara Pot. ポティナラ B. x C. x L. x S.
Powellara Pow. パウエララ B. x C. x Gur. x S.
Prosrhyncholeya Pry. プロスリンコレヤ C. x Psh. x Rl.
Rhyncanthe Ryn. リンカンセ Gur. x Rl.
Rhyncatlaelia Ryc. リンカトレリア C. x L. x Rl.
Rhyncattleanthe Rth. リンカトレアンセ C. x Gur. x Rl.
Rhynchobrassoleya Rby. リンコブラソレヤ B. x C. x Rl.
Rhynchoguarlia Rgl. リンコガリア Gur. x L. x Rl.
Rhyncholaeliocattleya Rlc. リンコレリオカトレヤ C. x Rl.
Rhynchosophrocattleya Rsc. リンコソフロカトレヤ C. x Rl. x S.
Rhynchovola Rcv. リンコボラ B. x Rl.
Rhynchovolitis Rvl. リンコボリティス B. x Rl. x S.
Rhynitanthe Rtt. リニタンセ Gur. x Rl. x S.
Rhynitis Rhn. リニティス Rl. x S.
Rhynlaelionitis Rin. リンレリオニティス L. x Rl. x S.
Sophranthe Srt. ソフランセ Gur. x S.
Sophrocattleya Sc. ソフロカトレヤ C. x S.
Sophrolaelia Sl. ソフロレリア L. x S.
Sophrolaeliocattleya Slc. ソフロレリオカトレヤ C. x L. x S.
Thwaitesara Thw. スワイテサラ C. x Gur. x Rl. x S.
Williamcookara Wll. ウィリアムクーカラ Bro. x C. x Cau. x L.
Yamadara Yam. ヤマダラ B. x C. x Epi. x L.


<属名移行について>

園芸植物であるラン科植物の名前は、基本的にRHS(The Royal Horticultural Society 英国王立園芸協会)が管理するサンダーズリストにより世界的に統一されています。このリストはランの人工交配が始まった19世紀から記録されており、野生種(原種)をもとに交配を進めてきたランの貴重な育種記録となっています。

サンダーズリストは野生種名(学名)を出発点として、「属間雑種における人工属名」と「雑種名」について管理しているため、野生種の分類変更などにより既存の属名・雑種名がしばしば影響を受けることがあります。

植物の分類は、形態、分布、生活環などにより行われていましたが、近年これらに分子生物学やバイオインフォマティクスなどを用いた分類などが加わり、多くの植物種において分類の見直しなどが行われている様です。

ラン科植物においても、いくつかの新しい知見に基づき分類の再編が行われつつあり、カトレヤにおいては、従来のCattleyaの一部をGuariantheに移行、Laeliaの一部をSophronitisに移行、Brassavolaの一部をRhyncholaeliaに移行など、大きな変更が行われサンダーズリストもこれらを採用しています。

<Sophronitisについて>
Sophronitisは、2008年1月のWOC(World Orchid Conference)において、すべてCattleyaへ移行することに決まりましたが、サンダーズリストにおいても2009年春より、SophronitisをCattleyaへ移行しましたので、弊社webページでも順次変更しています。

▲ページの先頭に戻る▲