フジ園芸  オリジナル資材 − フラワートップ

花芽〜開花中に与える・花どき用液肥
<花咲液肥>2-15-2

フラワートップ

※2-15-2は窒素、リン酸、カリの比率を表しています。
品名 規格
 フラワートップ  270g
 1.2kg 
10kg
※水に溶けやすい液体肥料です。
◎フラワートップの特長
花が咲いている時、冬季には肥料はいらない?
冬や早春の草花、シクラメンやシンビジウムなど、花壇や室内でも「花芽分化〜つぼみ〜開花」は次々と、半年にも及ぶこともあります。咲き疲れを起こさないよう、また次期の開花と生育のためにも、花どきに与える優れた肥料が素晴らしい成果をもたらします。あなたも、ぜひお試しください。
植物体に吸収され易く作られている「リン酸液肥」です。葉面や根から体内に入って、たくさんの花芽をつけ、色鮮やかで大きな花を咲かせます。
窒素肥料に比べ、植物に吸収されにくいリン酸肥料ですが、よく効くように工夫されている製品です。また液体肥料ですから、速効性で素早く肥効を現します。
高濃度のリン酸成分を含有しており、花芽を育て「落蕾」を防ぎ、花保ちがよくなります。また、リン酸肥料は開花だけではなく根(特に幼根)の発育に必要ですから、育苗や根張りのよい健全な植物体育成に欠かせません。
フラワートップは花を咲かせるために、窒素過多を矯正し、軟弱な生育・徒長を抑え、バランスのとれた植物体の育成に貢献します。花が咲かない、花つきが悪い、もっと立派な良い花を! という方に、お奨めの肥料です。草花・花木類やランだけでなく、実のなる野菜や果樹など、花が咲く全ての植物に有効です。
<植物活力剤>バイタリック-V を併用すると、相乗効果を発揮し有効です。
◎フラワートップの使い方
希釈濃度:
1,000倍を基準に、500〜2,000倍の希釈範囲でご使用ください。
※必ず、水で薄めて使用してください。
施用方: 水さしなどで株元に与え、噴霧器などで葉面に与えます。
使用頻度は、週1回が標準です。
花芽分化期(花芽がつくられる頃)から花が咲き終わるまでの間、主に生殖生長期用の液肥ですので、生育期(栄養生長期)の植物には、窒素成分を多く含む肥料も与えて下さい。
◎使用上の注意
水に溶かした希釈液は、必ずその日の内に使いきって下さい。
アルカリ性剤(石灰硫黄合剤)と混用すると、有毒ガス発生の恐れがあります。危険ですから混ぜないでください。
◎ご購入について
園芸店、専門店等でお求め下さい。
取扱店がお近くにない場合は、通信販売もご利用頂けます。

お問い合わせのページへ

▲ページの先頭に戻る▲