1 西ヨーロッパ世界の成立

1 ゲルマン民族の大移動

 アジア系の遊牧民族であるフン族は、1世紀の中頃までヴォルガ川流域に定着していたが、4世紀後半にカスピ海の北を西進し、ドン川を越えて黒海北岸に居住していた東ゴート族を征服し(375)、さらに西ゴート族に迫ったので、西ゴート族は375年に南下を開始し、翌年ドナウ川を渡ってローマ帝国領内に侵入した。これが有名なゲルマン民族の大移動のきっかけとなった。

 インド=ヨーロッパ語族のゲルマン人は、前1000年頃からバルト海沿岸に居住していたが、ケルト人を圧迫しながら、紀元前後の頃までにはライン川からドナウ川の北岸一帯にまで進出し、ローマ帝国と堺を接するようになった。

 ケルト人もインド=ヨーロッパ語族の一つで、前10〜8世紀頃から前6〜4世紀頃までには原住地のライン川・エルベ川・ドナウ川流域からアルプス山脈以北のヨーロッパの広い地域に広がっていた。しかし、ガリア(現在のフランス)は前1世紀に、ブリタニア(現在のイギリス)は後1世紀にローマ帝国の支配下に置かれた。ケルト人は現在ではアイルランド・ウエールズ(イギリスの南西部)・スコットランドやブルターニュ(北フランス)などに居住している。

 民族大移動を起こす前のゲルマン人の社会、いわゆる原始ゲルマン社会を知る上で重要な史料としては、カエサルの「ガリア戦記」とタキトゥスの「ゲルマニア」がある。特に「ゲルマニア」は、ローマの政治家・歴史家であったタキトゥスが100年頃のゲルマン民族について書いた最も重要な史料である。

 「ゲルマニア」は、第1部「ゲルマニアの土地・習俗」と第2部「ゲルマニアの諸族」の2部46章から成っている。それによると、ゲルマン民族は数十の部族に分かれ、狩猟・牧畜・農業によって生活していた。第11章「会議(民会)」には「小事には長老達が、大事には邦民全体がこれに掌わる。しかしその決定権が人民にあるごとき問題もあらかじめ長老達の手許で精査せられるという風にしてである」(岩波文庫)とあり、重要な問題は民会で決定されていた。

 ゲルマン人はローマと堺を接するようになると、一部のゲルマン人は傭兵・下級官吏・コロヌス(小作人)としてローマ帝国内に移り住むようになった。特に五賢帝時代頃からローマ帝国で兵員が不足するようになると、ゲルマン人を屯田兵としてだけでなく正規軍の中にも採用し、民族移動の時期になると、兵士だけでなく、ローマの将軍や宰相にまでゲルマン人が現れてくる。よく言われるようにローマ帝国の末期にはローマはまさに内から「ゲルマン化」していた。

 ゲルマン民族は狩猟・牧畜を主としていたが、次第に農業が重要になってきた。しかし、当時の農業は施肥や輪作を知らなかったので、彼らは農地がやせるとその土地を捨て、新しい農地を求めていった。このためゲルマン人社会での人口の増加とともに土地不足が深刻となり、これが民族移動の内部要因となった。

 フン族は東ゴート族を征服し、さらに西ゴート族に迫ったので、西ゴート族が375年に南下を開始し、ドナウ川を渡ってローマ帝国領内に侵入したことがゲルマン民族の大移動のきっかけになったことは先に述べた。

 ゲルマン民族の大移動は、部族全体が王に率いられて家族と全財産を牛車に乗せ、これも重要な財産である家畜の群を従えての文字通りの大移動であり、固有の部族制を維持しながらの移動であった。

 しかし、ゲルマン人の数はローマ人に比べると圧倒的に少数で、ローマ系の住民の約3パーセントほどであったといわれている。従って、移動に際してはローマに対して移住の許可を求めていくが、それが認められないときは流浪し、さらには生きるために戦闘や略奪・暴行に訴えざるを得なかった。以下、主な部族の動きを追っていきたい。

 西ゴート族は、376年にドナウ川の南に移住したが、ローマの役人の収奪に対して反乱を起こした。トラキア(現在のブルガリア)を荒らし、これを阻止しようとしたローマ皇帝のヴァレンスを378年のアドリアノープルの戦いで敗死させた。しかし、その後コンスタンティノープルに向かわず、アラリック(370頃〜410、位395〜410)に率いられてトラキア・マケドニア・ギリシア・イタリアを荒らし、409年には三度イタリアに侵入し、翌410年にはローマを占領して徹底的に掠奪を行った。 さらにイタリア半島を南下してアフリカを目指したが、艦隊が難破したために、アフリカに渡ることをあきらめ、イタリア半島を再び北上したが、まもなく没した(410)。

 アラリックもそうであったように、多くのゲルマン人にとってあこがれの地は地中海に近いところ、特にローマの穀倉地帯であったアフリカのチュニジア(かってカルタゴが栄えた地)であった。

 アフリカ攻略に失敗した西ゴート族はさらに西進し、ワリア王(位415〜419)の時にイスパニアを攻略し、最初の西ローマ皇帝であるホノリウス帝との協約によって、イベリア半島の大半と南ガリアを含む西ゴート王国(415〜711)を建国して定住した。西ゴート王国は300年間にわたってイベリア半島を支配したが、8世紀にイスラム(ウマイヤ朝)によって滅ぼされる。

 この間、ゲルマン民族の大移動のきっかけをつくったフン族は東ゴート族を征服した後、ドナウ川北岸を西進してパンノニア(現在のハンガリー)辺りに定着した。このフン族が匈奴であるかどうかが長く論争されてきたが、今日では北匈奴がフン族であるとの同族説が有力になっている。

 433年頃、叔父の跡を継いでフン族の王となったのが、ヨーロッパ人から「神の禍」として非常に怖れられたアッティラ(406頃〜453、位433頃〜453)である。アッティラは東ローマ帝国に侵入して(441年頃)貢納金を奪い、その後カスピ海からライン川にまたがる大帝国を建設した。

 アッティラの相次ぐ貢納金の要求に耐えられなくなった東・西ローマ帝国がこれを拒否すると、アッティラはこれを口実に、451年に大軍を率いて西に進撃し、ガリアに侵入し、メッツを攻略してオルレアンに迫った。しかし、パリ東北のカタラウヌムの戦いでアエティウス(西ローマ帝国の将軍)の率いる西ローマ(フランク人が主体)と西ゴートの連合軍に敗れて退いた。

 勢力をもり返したアッティラは、翌年イタリアに侵入し、ローマに迫ったが、ローマ教皇レオ1世がアッティラと会見してローマ破壊をやめるように必死に説得すると、それを入れてハンガリーに引き返した。そしてその翌年、結婚式の翌日に急死した。彼の死とともにフンの大帝国はたちまち崩壊した。

 こうした混乱の中で、476年に西ローマ帝国はオドアケルによって滅ぼされた。

 オドアケル(434頃〜493)はゲルマンのスキリア族の名門の出で、彼の父はアッティラの宰相であった。オドアケルは西ローマ皇帝の親衛隊に入り、その司令官となり、475年の皇帝交替の際にゲルマン人傭兵隊長に推され、ゲルマン人傭兵にイタリアの土地を要求して拒否されると、翌476年に最後の西ローマ皇帝となるロムルス=アウグストゥスを追放してイタリア王を称した。

 オドアケルは東ローマ皇帝から総督の称号を受け、イタリアとダルマティア(旧ユーゴスラヴィアのアドリア海沿岸地方)を支配したが、東ローマ帝国の内政に干渉したため、東ローマ皇帝は東ゴート族のテオドリック大王にオドアケル追討を命じた。オドアケル軍は各地で敗れ、オドアケルはテオドリックに暗殺された(493)。

 東ゴート族は、フン族に征服され、その支配下に置かれ、アッティラのガリア遠征にも従軍させられた。アッティラの急死、大帝国の崩壊によってその支配から解放され、東ローマ皇帝からパンノニアに建国を認められた。

 東ゴート族の王家に生まれたテオドリック大王(454頃〜526、位473ごろ〜526)は、人質としてコンスタンティノープルに送られ、そこで少年時代を過ごした。成人して帰国し、東ゴート族の王位についた。西ローマ帝国がオドアケルによって滅ぼされると、東ローマ皇帝はテオドリックにオドアケル追討を命じ、東ゴート族のイタリア移住を許した。テオドリックはイタリアに進出してオドアケルを破り、彼を暗殺した。そしてイタリア半島に東ゴート王国(493〜555)を建国した。 彼は親ローマ政策を行い、ローマ人を重用し、ローマの習慣を尊重した。しかし、アリウス派(ローマ帝国で異端とされたキリスト教の一派)を強制したために、アタナシウス派を信仰するローマ人の支持を得ることが出来なかった。 東ゴート王国は、ユスティニアヌス帝治下のビザンツ(東ローマ)帝国によって滅ぼされる(555)。

 ヴァンダル族は、オーデル川とヴィストラ川に挟まれた地域(現在のポーランド西部)に居住していたが、4世紀前半にローマ皇帝コンスタンティヌス帝からパンノニアへの移住を許され、アリウス派のキリスト教に改宗した。5世紀初めに東方からフン族が迫ってくると、西へ移動してガリアに入り、さらにイベリア半島に移動した。

 ガイゼリック(390頃〜477、位429〜477)の時に北アフリカに渡り(429)、北アフリカのローマ領を征服して、チュニジアを中心としてヴァンダル王国(429〜534)を建国した。さらにシチリア・サルジニア島からイタリア半島に進出し、一時地中海を制圧した。455年にはローマに侵入して掠奪を行った。彼は、アタナシウス派を信仰するローマ系の住民を圧迫し、掠奪・暴行をを働いたため、ローマ人の間では悪名高い。

 ヴァンダル王国は、ガイゼリックの死後内紛によって衰え、ユスティニアヌス帝治下のビザンツ(東ローマ)帝国によって滅ぼされる(534)。

 ブルグンド族は、ポメラニア東部・バルト海沿岸(現在のポーランドの西北部)に居住していたが、4世紀頃西南進して、ライン川上流のヴォルムス付近に移住した。ローマと同盟関係を結んでその地にとどまっていたが、やがてローマはフン族の傭兵を使ってブルグンド族を攻撃させた。ブルグンド族はフン族との激戦に敗れ、王を失って四散した。

 この出来事を背景に書かれたのが、13世紀に完成する大叙事詩「ニーベルンゲンの歌」である。

 ブルグンド族の多くは南に向かい、現在のスイスのジュネーヴ付近にブルグンド王国(443〜534)を再建した。その後、ブルグンド族はローマの傭兵として働いていたが、西ローマ帝国が滅亡するとその混乱に乗じて、現在のフランスのリヨンを中心にフランスの東南部一帯に勢力を伸ばした。しかし、当時発展しつつあったフランクによって滅ぼされた(534)。

 多くのゲルマン諸族が地中海方面を目指したのに対し、ユトランド半島から北ドイツに居住していたアングロ=サクソン族(アングル人・サクソン人・ジュート人などの諸部族の融合体)は、5世紀前半に北海をわたってブリタニア(イギリス)に侵入して先住民のケルト人を征服し、部族ごとに小王国(ヘプターキー(七王国))を建てた。

 ローマ時代にブリタニアと呼ばれていた現在のイギリス(ブリトン島)は、以後イングランド(Angle's land、アングル人の土地の意味)と呼ばれるようになった。

 ゲルマン諸族の多くが4世紀に移動を開始しているのに対し、遅れて移動したのがロンバルド(ランゴバルド)族である。エルベ川・オーデル川の上流の辺りに居住していたロンバルド族は、ビザンツ(東ローマ)皇帝のユスティニアヌス帝からパンノニアの土地をもらい、イタリア半島の東ゴート王国の討伐を助けた(526)。 そしてアルボイン王(位561〜572)の時にイタリアに入り、ロンバルド王国(568〜774)を建国し、イタリア半島の北部・中部を征服して一時栄えた。 ゲルマン諸族の中で最も野蛮であったといわれているロンバルド族はアリウス派を信仰し、ローマ教会を圧迫した。

 ミラノを中心とする北イタリアをロンバルディアと呼ぶのは、ロンバルド王国の中心がこの辺りにあったからである。しかし、ロンバルド王国も、8世紀にはいるとフランク族の進出によって次第に領土を奪われ、ついにカール大帝の時にフランク王国に併合された。

 西ローマ帝国の滅亡(476)後の西ヨーロッパには、いくつかのゲルマン民族による王国が建国されたが、その中からフランク族が次第に発展し、後にヨーロッパの主要部を統一する大フランク王国が成立する。

 またゲルマン民族が西に移動したあとのエルベ川以東の地やバルカン半島には同じインド=ヨーロッパ語族のスラヴ民族が移住し定着していく。  




目次へ戻る
次へ