1 古代オリエント

(3)地中海東岸の諸民族

 地中海東岸のシリア・パレスチナ地方はエジプトとメソポタミアを結ぶ通路として、 また東地中海への出入口として重要な地方で、民族の興亡がさかんであったが、 “海の民”の侵入でエジプトとヒッタイトの勢力が後退した前12世紀頃から セム系の3民族(アラム人、フェニキア人、ヘブライ人)が特色ある活動を開始した。

 アラム人はセム系の遊牧民で、前12世紀〜8世紀にシリアを中心に諸小王国を 形成した。ダマスクスはアラム人の商業活動の最大の中心地となり、現在に至る まで続いている。アラム人は西アジア一帯の内陸中継貿易に活躍し、彼らの話す アラム語は西アジアの共通語となり、アラム文字は西アジアのみならず東方の 諸民族の文字の源流となった。

 フェニキア人もセム系の民族で、前2000年頃、現在のレバノン海岸に居住 した。フェニキアの名はエジプト人が彼らを、フェンク(船を造る者)とよんだ のに由来する。当時、レバノンの山地からは良質の杉が産出したのでそれで船を つくり、クレタの海上貿易が衰えた後、地中海貿易で活躍した。

 本国ではシドン (現在のサイダ)・ティルスなどの都市国家が栄えたが、地中海沿岸各地 (北アフリカ、スペイン南部が中心)に植民市を建設した。なかでも前814年に 建設されたカルタゴは、後にローマと地中海の覇権をめぐって争うことになる。

 フェニキア人は前12世紀頃から地中海貿易を独占していたが、アッシリア・ 新バビロニアが支配した時代には一時衰退し、アケメネス朝ペルシアの貿易保護 政策のもとで再び繁栄の時代を迎えることとなる。

 商業民族であったフェニキア 人の文化史上最大の功績は、エジプトの象形文字から発達したシナイ文字を もとにつくられた世界最古の表音アルファベットを発明し、それをギリシア人に 伝え、これが現在使われているアルファベットの起源となったことである。 またガラスを発明・発見したのもフェニキア人といわれ、ガラス細工も発達した。

 ヘブライ人は、セム系の遊牧民族で、古くはユーフラテス川上流域で遊牧を 行っていたが、前1500年頃パレスティナに定着しが、飢饉が起きたとき一部は エジプトに移住した。ヘブライ人は外国人による呼び名で、自らはイスラエル人 と称した。バビロン捕囚以後はユダヤ人とよばれることが多い。

 エジプトに移住したヘブライ人は、新王国の外国人排斥機運がつよい なかで、奴隷とされ、悲惨な境遇にあった。そのヘブライ人を「約束された 理想の地、カナーン」へ同胞たちを導いたのが有名なモーゼ(前1350頃〜 前1250頃 )である。かれについては、実在を疑う説もあるが、実在の人物で あろう。

 ヘブライ人の子としてエジプトに生まれたモーゼは、神の声に従い、 エジプト第19王朝のラムセス2世の頃、ヘブライ人を率いてエジプトを脱出、 紅海を渡り、シナイ山半島に到り、シナイ山で神ヤハウェ(ヤーヴェ、エホバ とも)から「十戒」を授けられた。

 有名なモーゼの「十戒」は”私はお前の 神ヤハウェ、エジプトの地、奴隷の家からお前を導き出したものである。 (1) お前には私以外に神があってはならぬ。(2) お前は偶像を彫ってはならぬ、 拝んでもならぬ。(3) お前の神ヤハウェの名をみだりに唱えてはならぬ。 (4) 安息日を忘れず、聖く保て。(5) 父母を敬え。(6) 殺すなかれ。(7) 姦淫するなかれ。(8) 盗むなかれ。(9) 隣人に対して偽証するなかれ。 (10)隣人のものを欲しがるなかれ。”である。ユダヤ人がこの約束を守れば、 ヤハウェはユダヤ人を守ってやるという約束をモーゼは神と結んだ。 これが「旧約」である。

 モーゼは、その後、約40年に及ぶ荒野での彷徨の間 の苦難を強い指導力で切り抜け、カナンを目前に没したとされている。 これが有名な「出エジプト(Exodus)」で、映画でもおなじみであり、 特に紅海の海水が真っ二つに割れて、海底が姿を現すシーンは圧巻である。

 しかし、カナーンの地にはペリシテ人などが定着していて、ヘブライ人が この地に移住・定住するのは彼らとの激しい抗争に勝った後である。その他 民族との抗争のためにはヘブライ人が結束する必要があり、そうした状況の 中から王政が出現する。これをヘブライ王国とよぶ。

 ヤハウェの祭司 の支持によってサウルが最初の王となった、前1010年頃のことである。 そしてサウルの武将であった牧人のダヴィデ(位前1000頃〜960頃)が サウルの戦死後、2代目の王となった。彼の最大の功績はペリシテ人を敗って、 エルサレムに都をおいたことである。ダヴィデ・次王ソロモンの頃が王国の 全盛期である。国民的英雄だった若き日のダヴィデを刻んだのが、あの有名な ミケランジェロの「ダヴィデの像」である。

 彼の死後、子のソロモン (位960頃〜922頃)が第3代の王となった。「ソロモンの知恵」とか 「ソロモンの栄華」とかいわれるように、かれは官僚制を整え、軍事力を 強化し、経済発展に力をそそいだ。”シバの女王”との話しも対外交渉が 盛んであったことを物語っている。しかも外国文化の吸収に熱心であったので 外国から異教の神が入りこみ、信仰されたため風紀も乱れるようになった。 また経済の発展にともないイスラエル人の間にも貧富の差がひどくなり、 南北の対立も生まれてきた。

 こうしたなかでソロモン王の死後、ヘブライ 王国は南北に分裂し、北にイスラエル王国(前922頃〜前722)と南のユダ王国 (前922頃〜前586)が成立した。両国の抗争の間に、北ではアッシリアが 台頭し、特にイスラエル王国はその脅威にさらされることとなり、前722年 についにアッシリアに征服された。

 南のユダ王国は、この後150年ほど生き延びた。一時はアッシリアの 勢力下におかれたが、アッシリアの退軍によって危機をのがれた。

 この頃から 多くの預言者(神の言葉を預けられ、それを人々に示して警告するもの )が 現れ、警告を発したが、国王や国民に受け入れられず、やがて新バビロニアの ネブカドネザル王が来襲し、エルサレムを陥れ、王と多数の住民をバビロンの 強制移住させた。

 これが歴史上名高い「バビロン捕囚」(前586〜前538 ) である。強制移住させられた人々の生活は、かららずしも奴隷状態ではなく、 多くは農業に従事した。こうした状況のなかで多くのものは同化され民族性を 失っていくが、一方で故郷をしたって帰国を祈願するものも多く、彼らは 今はじめてヤハウェ信仰と一体になり、ヤハウェによって解放され、 いつか帰国できるという希望のもとで試練に耐えた。

 その期待は約50年後に、 アケメネス朝のキュロス2世の発した「民族解放令」によってかなえられ、 イスラエル人の帰国が許された。しかし、その地に留まったものも多く、 帰国したものは、数十年かかって一部にすぎなかった。帰国した彼らは、 イェルサレムにヤハウェの神殿を再興し、「モーゼの律法」の遵守と儀式を 定め、ユダヤ教を確立した。

 ユダヤ教は、多神教が一般的であるオリエントでは例外的なヤハウェの 一神教である。ユダヤ人は、出エジプト・亡国・バビロン捕囚などの民族的 苦難のなかで、ヤハウェとの契約を守れば、神はユダヤ人だけを救ってくれる という排他的な選民思想や神はいつか自分たちを苦難から救い出してくれる メシア(救世主)をこの世に送ってくれるというメシア待望の信仰を生みだ した。

 しかし、バビロン捕囚から解放された後も、彼らは国を再建することは できず、民族的苦難はさらに続いて行く。こうしたなかからモーゼの律法の 遵守を極端な形式主義を重視するパリサイ人が現れるが、この極端な形式 主義を批判し、選民主義を排し、神の絶対愛を唱えるのが、イエス・キリスト である。そうした意味で、ユダヤ教はキリスト教の母体である。このため、 ヘブライ人の歴史、預言者の言葉をまとめたユダヤ教の経典である「旧約聖書] が、イエスの言行を伝える「新約聖書」とともに、キリスト教の経典となって いる。




目次へ戻る
次へ