1 古代オリエント


(2)エジプトの統一国家

 「エジプトはナイルのたまもの」、この有名な言葉はギリシアの歴史家ヘロドトスの言葉である。ナイル川は、上流のサバンナ気候の雨季に降った雨によって毎年7〜10月に増水し氾濫をおこす、しかしこれによって上流からよく肥えた土が運ばれてくるので、下流では肥料なしで年に2〜3回の収穫ができるといわれている。この洪水にそなえる治水事業、ナイルの洪水との戦いがエジプトの歴史をつくった。

 しかし、この治水事業と灌漑事業には膨大な労働力と大規模な共同作業を必要としたので、彼らを統率する強い指導者のもとで、前4000年頃までには上下エジプトにそれぞれ22、20のノモス(小部族国家、 都市国家)が成立し、やがて上流の上エジプトと下流の下エジプトの二つにまとまった。

 そして、前3000年頃、メネス王(ナルメルともいう、エジプトの伝説的な、最初のファラオ) によって統一され、第1王朝が開かれた。後にペルシアに滅ぼされるまでの約2500年間を 大きく3つの時期(細かくは7つの時期)に分ける。この間約30の王朝が交替した。

 古王国時代は、前3000年頃から前2135年頃までで、第1王朝から第10王朝までである。 ついで中王国時代は、前2135年頃から前1570年頃までで、第11王朝から第17王朝までをいう。 そして新王国時代は、前1570年頃から前525年までで、第18王朝から第26王朝までをいう。

 古王国時代は第3王朝〜第4王朝の時期が最盛期を迎えたが、第3王朝〜第6王朝の頃に あの有名なピラミッドが建設された。カイロ郊外にある第4王朝のクフ王のピラミッド (最大のピラミッド)、カフラー、メンカウラーの三大ピラミッドとスフィンクスは特に 有名である。

 ピラミッドはいうまでもなくファラオ(”大きな家”の意味でエジプトの神権的 専制君主の称号)の遺体(ミイラ)を保存するための巨大な墳墓である。最大のピラミッドで あるクフ王のピラミッドは底辺の一辺約230m、高さ約137m、平均2.5tの石を230万個を積み 上げている、10万人を使役して20年を要したといわれている。ファラオの絶大な権力を うかがわせる。建設当時は莫大な金銀財宝が納められていたであろうが、ピラミッドを はじめ大部分の王の墓は盗賊によって盗掘されつくしていた。

 こうしたなかで世界中を 驚かしたのが、1922年に発掘されたツタンカーメン王の墓の発見である。ナイルの中流域の テーベの「王家の谷」と呼ばれる王墓の多い谷から奇跡的に盗掘されてないツタンカーメン の墓(ピラミッドでなく、横穴式の岩窟墳墓)がみつかり、そこから”黄金のマスク”を はじめおびただしい財宝が出てきた。ツタンカーメンの墓はむしろ小規模な墓である、 だとするとあの大ピラミッドにはどれだけの財宝が納められていたか想像を絶するものがある。 なおこの発掘に従事した多くの関係者が次々に亡くなり、”ファラオの呪い”とうわさされたが、 中心人物のカーターは発掘後も16年間生きた。

 エジプト人は霊魂不滅・再生の信仰をもった。 墓に副葬されたパピルスに書かれた「死者の書」にはエジプト人の宗教観、来世観がよく 現れている。そのために死体をできるだけ生前そのままに残したいと熱望し、ミイラをつくった。 そのための驚くべきすぐれた技術を持っていた。

 ヘロドトスの伝える最上級のミイラの製法は 次の通りである。「ミイラ師はまず、鉄の鈎で鼻穴を通じて脳を摘出する。・・・それから、 鋭いエチオピア石をもってわき腹に沿って切開し腹部をすっかり取り出し、・・・その後、 腹中につき砕かれた純粋な没薬や桂皮やその他乳香以外の香料を詰め、元通りに縫い合わす。 ・・・それを終えると、70日間ソーダの中に置いてミイラにする。・・・ミイラ師は遺体を 洗って、その全身を上製亜麻布を裂いて作った包帯で巻き包み、その上にエジプト人が普通、 膠の代わりに用いるゴムを塗りつける。」

 古王国の第7王朝の頃から国内は混乱・分裂していった。

 こうした状況の中からナイル川の 中流域のテーベの豪族が勢力を伸ばし、再び全エジプトを統一し、テーベを都として第11王朝を建て、 中王国時代が始まった。しかし、13王朝の頃から再び分裂・混乱状態に陥り、前1674年頃セム系 遊牧民を中心とするヒクソスがシリア方面から侵入し、馬と戦車でエジプト人を圧倒し、中王国 を征服した。以後約100年間にわたりエジプト人は初めて外国人の支配下におかれることとなった。

 ヒクソスの支配下で苦しんだエジプトではテーベを中心とする上エジプトが抵抗の根拠と なった。やがてテーベから興ったアーメス1世は、ナイルを下り、ヒクソスをエジプトから撃退し、 国内を統一して第18王朝を樹立した。

 この第18王朝の3代目の王、トトメス3世(位前1504〜前1436)は20年間に17回の遠征を行い、 エジプトとしては初めて西アジアに進出し、シリアからユーフラテス川の上流域まで領土を拡大し、 エジプト世界帝国を建設した。

 第18王朝に始まる新王国の時代は「帝国時代」ともよばれる。 アメンホテプ3世のあと、子のアメンホテプ4世(位前1380頃〜前1360頃)は10代で王位に ついたが、首都テーベの守護神アモンの神官の勢力が強く王権をしのぐ勢いだったので、在位6年で テル=エル=アマルナに遷都し、自らイクナートン(アトンに愛されるものの意味)と称し、 アモンにかわる太陽神で唯一神であるアトンを創造して宗教改革をめざした。しかし元来多神教 であるエジプト人にはなじまず、王の死とともに新宗教は終わりをつげ、再びアモン信仰が復活した。 しかも国内での争いのため、ヒッタイトの勢力が南下し、エジプトの勢力はアジアから後退を重ねた。 しかし、この王の治世には自由な写実的な芸術が開花して「アマルナ芸術」と呼ばれた。

 アメンホテプ4世のあと王位についたのが、あの「黄金のマスク」で有名なツタンカーメン (位前1358頃〜1349頃 )で、彼はアメンホテプ4世の甥でかつ娘婿であった。しかし、 病弱で年少であったため、テーベのアモン神官の勢力が復活し、王の権威は衰えた。

 第19王朝のラムセス2世(位前1290頃〜1224頃 )は、父王の政策を引き継ぎヒッタイトと 戦うためにパレスティナに進出した。しかし、カデッシュの戦い(前1286年)で敗北し、講和条約を結び、 エジプトはアジアから撤退した。

 第20王朝のラムセス3世の活躍を最後に帝国は急速に衰え、 その後前12世紀以後”海の民”の侵入におびやかされ、いまや公然と侵入したエチオピアやリビア人に 政権を奪われ、ついに前671年にアッシリアに征服された。間もなく独立を回復するものの、前525年 にはアケメネス朝ペルシアに征服され、以後長期間にわたって外国の支配下におかれることになる。

 エジプト人は、ナイルの洪水との戦いの中からすぐれた実用的な文化を生み出した。そのなか には、現在われわれが恩恵を受けているものもある。太陽暦もナイルの氾濫と恒星の運行の定期性から 発見され、ユリウス暦に経て現在のグレゴリウス暦へとつながっている。十進法はまさに現在も 使われている。メソポタミアの六十進法は分かりにくいが、十進法は人間の指が10本あることから うまれたことは容易に想像できる。その他、測地術天文学などが発達した。

 エジプト人の宗教も 多神教であった。主神は太陽神ラーである。後にアモンと結合してアモン=ラーとなり広く普及した。 エジプト人は霊魂不滅とオシリス神が支配する死後の世界を信じミイラをつくり、「死者の書」を 残したことは前述した。

 エジプト人が使用した文字には主として神殿や墓に使われた神聖文字 (ヒエログリフ)と最も簡略化された民衆文字(デモティック)などがある。墓の壁面等に刻まれ、 装飾と考えられていたヒエログリフが文字であることが分かるきっかけになったのが有名な 「ロゼッタ石」である。

 1798年、ナポレオンのエジプト遠征の際、ナイルのロゼッタ河口で要塞の 修理中の彼の部下が偶然、黒い石碑を掘り出した。ロゼッタ石は、後にイギリス軍がフランス軍から 接収し、現在は大英博物館にある。ロゼッタ石には上段にヒエログリフ、中段にデモティック、 下段にギリシア語でしかも同一の内容が書かれていた。これをもとにフランス人のシャンポリオン (1790〜1832)が1822年に解読に成功した。これらの文字はナイル川に繁茂しているパピルスから つくられた紙に記録された。このパピルス(papyrus )が英語のpaperの語源になっている。



目次へ戻る
次へ