1 古代オリエント

(1)メソポタミアと小アジア

 オリエントとは”太陽の昇る所”の意味で古代ローマ人からみた東方をさす。 日本では中近東とよんでいるが、これはヨーロッパ人が東方をNear East、 Middle East、Far East とよんだNear East、Middle Eastを合わせた言い方である。 ”極東”はFar Eastの訳である。従って、日本人が東アジアを”極東”とよぶのは おかしいことになる。”極東”はまさにヨーロッパ史観の現われである。 現在、日本ではオリエントはエジプト、西アジア、小アジアを含む地域をさす 言葉として使われている。

 メソポタミアとは”川の間の地方”の意味である。ティグリス川・ユーフラテス 川の流域地方で、現在のイラクにあたる。メソポタミアの南部では、前3500年頃 から大村落が成立し、やがて都市に発展し、都市は独立して都市国家が形成される。

 メソポタミアで活躍した最初の民族はシュメール人である。彼らは前2700年頃までに ティグリス川・ユーフラテス川下流にウル、ウルク、ラガシュなどの多数の都市国家を 形成した。シュメール人の民族系統は不明であるが、すぐれた青銅器や彩文土器をつくり、 特に楔形文字を発明し、粘土板に記したことは重要である。 楔形文字は以後2000年以上 にわたってメソポタミアで使用されることになる。

 楔形文字の解読のきっかけをつかんだ のはドイツの学者、グローテフェントであったが、解読に成功したのはイギリスの ローリンソンである。軍人であったローリンソンがペルシアに転任した際に、かれは ベヒストゥーン碑文(古代の街道の120mの所にあった)を最初は望遠鏡で調べていたが、 やがて断崖をよじ登り、岩にしがみつきながら碑文を数年がかりで模写し、ペルシア、 エラム、バビロニアの楔形文字で書かれた碑文の解読に取りかかり、1847年にペルシア 文字の解読に成功した。

 しかし、絶え間ない都市国家相互の戦争によって、シュメール 人の都市国家は衰退し、セム系のアッカド人によって征服された。

 アッカド人はメソポタミアの北部から興り、特にサルゴン1世(位前2350頃〜 前2294頃)はシュメール人の都市国家を次々に征服し、メソポタミア最初の統一国家を 建設した。しかし、間もなく衰退して滅亡した。

 やがてセム系のアムル人がバビロンを都としてバビロン第1王朝(古バビロニア王国) を建設した。この王朝の第6代の王が有名なハンムラビ王(位前1729頃〜前1686) である。 かれは30年に及ぶ征服戦争によってメソポタミア地方を統一し、中央集権国家を建設した。 なかでも彼を有名にしているのが「ハンムラビ法典」である。

 ハンムラビ法典は 1901〜02年にペルシアのスサで発見された、高さ2.2mの黒い円柱の石に刻まれた 全282条の法令である。シュメール法などそれ以前にも法令はあったが、断片的にしか 残っていず、完全な形で残る最古の成文法である。シュメール法を継承し、集大成した 成文法で刑法は、「目には目を、歯には歯を」の復讐法のの原則で書かれていること、 身分によって刑罰に違いがあることが特色である。例えば、196条「もし人が自由民の眼を 潰したときは、彼の眼を潰す」、199条「もし人の奴隷の眼を潰し、或いは人の奴隷の 骨を折たるときは、彼はその価の半分を支払う」とあるのはその好例である。

 しかし、バビロン第1王朝もハンムラビ王の死後、衰退し、前1530年頃、ヒッタイトに よって滅ぼされた。 ハンムラビ王のもとでのバビロン第1王朝の繁栄は、周囲の諸民族を刺激し、 彼らはその富をねらって侵入をくりかえした。イランや小アジアの牧畜民、特に 中央アジアや南ロシアのインド=ヨーロッパ系の遊牧民は前2000年頃から前1500年頃 に大移動をおこした。

 なかでもヒッタイトは前1650年頃ヒッタイト帝国を建設し、前16世紀初めにはバビロン 第1王朝を滅ぼし、以後ミタンニ、エジプトと抗争し、前14世紀頃最盛期を迎えた。 ヒッタイトは前1400年頃、世界史上初めて鉄製武器を使用したことで有名である。 優秀な鉄製武器と馬の引く戦車で他を圧倒し栄えた。前1190年頃、”海の民” (前13世紀末から前12世紀に東地中海一帯の諸国家・諸都市を攻撃し、広い地域を 混乱に陥れた諸民族の総称)の攻撃を受けて滅亡した。

 ヒッタイトの滅亡後、 それまで秘密にされていた製鉄の技術は周辺に広まって行き、オリエントの諸民族を 経て、さらにヨーロッパ、アフリカ、アジア各地に伝播し、鉄器時代を迎えることになる。

 ヒッタイトのほかに同じインド=ヨーロッパ系のミタンニは北メソポタミアに、 そしてカッシート人は南メソポタミアに侵入して、一時強大な国家を建設した。 こうしてオリエントでは前15世紀から前14世紀に、エジプトの新王国、ヒッタイトを はじめとする諸王国が並立する政治状況がうまれ、数世紀にわたって混乱状態が続いた。

 この間、メソポタミアでは独自の文化が栄えた。宗教は多神教が行われたが、 民族の興亡ととともに信仰される最高神もかわった。文字はシュメール人が始めた 楔形文字が使用され、粘土板に記録された。また六十進法、太陰暦、閏年、占星術、 法律など実用的な学問・文化が発達したことが大きな特色である。



目次へ戻る
次へ