はじめに

 

 長い教員生活も残り2年となった。今年度の2年生の世界史の授業が始 まったが、これが世界史を古代から現代までを通して行う最後の授業となる。 そこで今までの授業を振り返りながら、教材研究を兼ねて、今までの授業で話 してきたことを文章にまとめてみようと思い立った。なかなか大変なことでいっ こうにはかどらず授業の方が先行する形になってしまっているが、今後とも続 けていき、中世編・近代編・現代編とまとめていきたいと思っている。しかし、 後半の方は退職後の仕事になりそうである。

 長い間教えてきたというだけで、浅学非才な私の力では、世界史の再構成な どとても出来ないので、山川出版社の「詳説 世界史」の構成をそのまま利用 させていただいた。人名・地名・年代・生没年・在位年代等もすべて「詳説   世界史」「世界史用語集」に拠った。

 内容的には、普通科で世界史Bで受験する生徒を対象とする授業内容をまとめたが、 ここに書いたことをすべて教えているわけではなく生徒の実態に応じて適当に 取捨選択しながら授業を進めている。

 授業内容については、過去に読んだ色々の本から得たものを使わせてもらっている。 本来なら参考文献をあげるのが当然のことであるが、今回についてはその性格上から 省略させてもらったことをお断りしたい。

 内容に思い違いや誤りが多くあるのではないかと心配している。 ぜひご指摘・ご教示をお願いしたい。

 年表・地図・写真・系図等については省略させてもらった。カラー写真等が ふんだんに掲載されている世界史図説のようなものがあるのでぜひそれらを 手元において読んでいただければ幸いである。



目次へ戻る

次へ