1 絶対主義国家の盛衰

9 ポーランド分割

 ポーランド人は、10世紀に統一され、カジミェシュ大王(カシミール大王、位1333〜70)のもとで栄えた。

 ポーランド人の北に居住していたバルト語系のリトアニア人は、13世紀にドイツ騎士団の脅威に抵抗して統一国家を形成し、14世紀には大公国となった。

 リトアニア大公ヤゲウォ(ヤゲロー、位1386〜1434)は、1386年にポーランド女王ヤドヴィカ(位1384〜99)と結婚し、リトアニア=ポーランド王国を形成した。

  リトアニア=ポーランド王国は、ヤゲウォ朝(ヤゲロー朝、1386〜1572)のもとで東方に勢力を拡大し、15〜16世紀には東ヨーロッパの大国として強盛を誇った。

 しかし、1572年にヤゲウォ朝が断絶すると選挙王政となり、大貴族の専横と外国の干渉を招いた。

 ザクセン選帝侯でポーランド王を兼ね、北方戦争ではロシアのピョートル1世と結んでスウェーデンと戦ったアウグスト2世(位1697〜1704、1710〜33)の死後、ポーランド継承戦争(1733〜35)が起こった。

 ポーランド貴族がフランスのルイ15世の義父を立てたのに対し、ロシア・オーストリアはザクセン選帝侯アウグスト3世を立てて争った。結局、アウグスト3世(位1733〜63)がポーランド王となったが、以後外国の干渉がますます激しくなり、後のポーランド分割のきっかけとなった。

 ロシア皇帝エカチェリーナ2世は、アウグスト3世の死後、親露派の貴族を王位につけてさまざまな干渉を行った。

 プロイセンのフリードリヒ2世は、ポーランドがロシアのものになるのを恐れて、オーストリアを誘ってポーランド分割を提唱すると、エカチェリーナ2世もそれに応じ、プロイセン・オーストリア・ロシアの3国によって第1回ポーランド分割(1772)が行われ、3国はそれぞれ国境に隣接する地域を獲得した。

 第1回ポーランド分割後、ポーランドは新憲法を制定し、選挙王政を世襲王政に改めるなどの改革を実施し、国力の充実に努めた。

 しかし、ロシア・プロイセンは、オーストリアがフランス革命に巻き込まれてフランスと戦っている間に第2回ポーランド分割(1793)を強行し、これによってポーランドは国土の3分の1を残すのみとなった。

 この情勢を見て、ポーランドの愛国者コシューシコ(コシチューシコ)は祖国解放の軍を起こした。
 コシューシコ(コシチューシコ、1746〜1817)は、リトアニアの下級貴族の家に生まれ、フランスの陸軍大学で学び、帰国して砲兵大尉となった。アメリカ独立戦争(1775〜83)が起こると、これに参加し、ワシントンの副官として戦功をたて、帰国後(1786)、愛国者の自由主義的改革に加わった。

 コシューシコはロシアのポーランド分割に反対し、侵入してきたロシア軍を破ったが、第2回ポーランド分割(1793)が行われ、彼は国外に亡命した。その後、帰国して国民軍最高司令官となり(1794)、義勇軍を率いて蜂起し、一時はロシア軍を破ってワルシャワを解放したが、まもなく負傷してロシア軍に捕らえられてペテルブルクへ送られた(1794)。コシューシコは後に亡命を許されて(1796)フランスに移ったが、ナポレオンのポーランド政策に同調せず、最後はスイスで没した。

 ロシア・プロイセン・オーストリアは第3回ポーランド分割(1795)を行い、残りの領土を分割したので、ポーランドはついに滅亡し、地図から姿を消した。そして第一次世界大戦後にやっと独立を回復することになる(1919)。

 ポーランド分割で最も多くの領土を獲得したのはロシアで、ポーランドの東半分・ポーランドの全領土の半分以上を領有した。そしてプロイセンとオーストリアが西半分をほぼ折半した。  




目次へ戻る
次へ